2011年6月30日木曜日

委員会テーマ(7月)

和敬塾存亡の危機  新入生獲得のために

ここ1、2年で急激に新入塾生が減少しています。塾生の質・塾費・運営方針・募集活動の方法など様々な要因が考えられると思います。それら要因を各自で考え、どうすればより多くの新入塾生を獲得できるのか議論を深めていきたいと思います。


【 7月の予定 】
10文化部イベント
11:近隣清掃
24:大掃除

【 Birthday 】
 6 :神近(4班)
11:山内(留学中)
12:瀬良(4班)
14:新井川(5班)
25:斉藤さん(5班)・濱窄(7班)
29:福田(2班)

文責:瀬良啓(広報部長)

2011年6月27日月曜日

寄席企画(1班)

6月26日、東寮一班メンツで落語を鑑賞してきました。

一班アート大臣・田中晃仁くんのチャラーい企画です。

みなさん新宿に寄席があるのをご存じでしょうか?実は新宿三丁目のど真ん中には末広亭という寄席があるのです。昭和30年からあるそうですよ。

我々はそこへ行って参りました。


中に入ると席は既に満席。普段はそこまで混まないようなのですが、その日は、なんと全国落語家ランキング4位の柳家小三治さんが大トリとのことだったのであんなにも混んでいたのです。

やはり柳家小三治さんは、さすが全国4位の腕前、話し方、間の取り方、挙動や落ち着いた仕草、どれをとっても別格に思えました

(まぁ本当はよく分からんけど)

開演して初めの方は慣れてない落語にみなさんポカンでしたが、終わってみれば大満足の余韻にひたるみなさん。素晴らしい文化に触れることができたと思います。

(まぁ本当はよく分からんけど)

文責:佐々木一真

2011年6月26日日曜日

8/19 世界バレー

こんにちは、SHOCKERSの城野です。

 最近、たくさんのイベント出演があって超のつく多忙ぶりで。。。エンジョイ大学生活!!がどこ吹く風です! そんな僕らも夏には二週間だけOFFが貰えるので、部員一同唯一の夏休みを満喫します。

さて、本題です。

8月19日に世界バレー日本戦にて演技します。場所は有明コロシアムで多分夜です。TV中継もあるかもしれません。

男のチアを広めるすごいチャンスになると思っていて俄然ヤル気が出ています。世界バレーという大きな舞台で演技できることを誇りに思いつつ、みなさんに感謝しつつ、是非会場でお会いできたらなと思います。

それかテレビの前にて!!その頃には地デジ化されてますねっ!

それでは。

文:城野翼

2011年6月22日水曜日

山手線一周ハイキング

こんにちは。山手線を歩いて一周する「山手線一周ハイク」、通称山ハイが行われました。

6月18日の午後8時頃、体育部長の渡邉慎太朗くんによる点呼を終えた僕たちは、支給された水を持って歩き始めました。
目白から明治通りを南下して、一路渋谷を目指します。宮下公園で一年生たちが握った差し入れのおにぎりを頬張り、その後はハチ公前で遅れて合流する東寮生を待ち、ストリートミュージシャンとセッションしたりして夜の街を五反田に向けて歩きだします。

代官山を通過して、徐々に足に乳酸が溜まってきた寮生もいましたが、日付が変わって19日の午前1時すぎに無事に五反田に到着。完全に終電はなくなり、もう途中で引返すことは出来ません笑

五反田を出発したら、品川・田町を通過します。あいにくの曇り空でしたが、慶応大学の近くで高くそびえる東京タワーが見えてきます。芝公園で小休止をとり、日比谷公園に到着。バナナとオレンジジュースでエネルギーをチャージして、日比谷公園を出た午前4時、東京は夜明けを迎えました。

朝一番の秋葉原は不思議なくらい静かで、誰も「お帰りなさいませ、御主人様」とは言ってくれません笑

その後は上野の不忍池を目指して歩きます。到着した頃には、都会の街は起き始めていました。どっかのサークルがオールのカラオケを終えた午前5時すぎ、僕たちは不忍池に到着しました。その後はラストスパート。しかし、ここから和敬塾までの道のりは今まで蓄積された疲労と、折れそうなこころでとてつもなく長く感じます。それでも、棒のような足で歩き続け、やっとのことで僕たちのホーム・護国寺に戻って来ました。

長い距離だった不忍通りを歩ききり、午前8時頃、ようやく和敬塾へと僕らは戻って来ました!寮生全員、完歩した喜びを共有します。普段は生活している班が違いなかなか絡めない寮生とも、この山ハイを通して絡みを深めることが出来たと思います。

というわけで、一句詠ませていただきます。
両の足 棒の如きに なろうとも 完歩に勝る 喜びはなし

文責 石丸 航

-----

その他の写真はこちらから

2011年6月17日金曜日

国際総務・体育部合同イベント

近年、国際化が謳われておりますが、ここ東寮も例外ではなく、全体の約五分の一を留学生が占めています。となると、我々日本人はこの国際化の波に乗る為には留学生との距離を縮め、互いに理解を深める事が大事となってくると思います。


という事で、留学生との交流を深める為に6/12に国際総務部と体育部が合同で企画を行いました。


内容はスポーツを通して日本人と留学生とが仲良くなろうというものです。寮生と留学生を六つのグループに分け三種目の競技を行いました。


一つ目にフットサル、二つ目にドッヂボール、そして三つめにしっぽ取りをやりました。皆楽しそうにしており、活躍した留学生も何人か見受けられました。この企画を通して寮生と留学生が一体となったのを感じました。これをきっかけに東寮内での国際化が広まれば良いと思います。

文:芝崎雅浩

2011年6月13日月曜日

東寮感謝祭

例年よりも早く梅雨が明けそうな今日この頃です。

さて、本日は朝から降り続いていた雨が昼頃にはすっとやみ、とてもいい天気の中で東寮感謝祭が行われました。この東寮感謝祭の趣旨は、日頃僕たち寮生がお世話になっている東寮の事務所の方々に感謝の気持ちを伝えたい!という思いから始まり今日まで続いています。

文化部長の森くんの司会で、岩崎専務と福原寮長の挨拶で感謝祭が始まりました。昨年・一昨年に和敬塾を卒塾された先輩方も、お忙しいところ駆けつけてくださいました。


バーベキューの肉や野菜に、食べ盛りの東寮生たちが群がります。ベンチでは事務所の方と寮生とで会話を楽しんでいます。



今年は文化部が事務所の方々に様々なことをリサーチさせていただき、その答えを寮生たちにクイズにして出題するという粋な試みが行われました。事務所の方々の回答は、やはり僕らより長い人生経験を積んでいるだけあって奥が深いです。


最後に、日頃お世話になっている感謝の気持ちを込めて、寮生たちで書き寄せた色紙を事務所の皆さんに送らせていただきました。

今日の僕らがこうして毎日元気でいられるのも、事務所の方々の暖かいサポートがあるからこそです。改めて、ありがとうございます。そして、これからもよろしくお願いいたします。

文責:石丸航

-----

アルバムは6/15を目処にアップします。
文:瀬良啓(広報部長)

2011年6月5日日曜日

五月祭!

5月28、29日に東寮はあの東大の五月祭にて東大ランチ愛好会のお手伝いをさせて頂きました!!
朝の8時に和敬塾を出発し、東大本郷キャンパスに到着した後、お店の準備をして10時には「カリー喫茶松下」がオープンしました!


天候には恵まれませんでしたが、東寮生はいつもと変わらず騒がしいぐらい元気いっぱいに料理部隊長の指揮の下、作られたこだわりのスープカリーとラッシーを五月祭にお越し下さった方々へ売り込んでいました。

最初はなかなか道行く人に声を掛けられずもじもじしていた一年生も、時間がたつにつれて徐々に慣れてきて、最後のほうでは立派な売り子へと変身していました。
途中からは3,4年生の方々も応援に駆けつけて下さり、カリー喫茶松下の前は大賑わいでした。

おかげさまで、今年の五月祭も大繁盛となりました。

お越し下さった方々、本当にありがとうございました!


文責 所 巧

2011年6月1日水曜日

委員会テーマ (6月)

国境あれど隔てなし  真に向き合うには

現在東寮に在籍する留学生(約20人)とより良い関係をつくっていくために、我々はどう意識・行動していくべきか。具体的に各学年で考えたいと思います。


6月の予定
11(土) 東寮感謝祭
12(日) 国際総務・体育部合同イベント
18(土),19(日) 山手線一周ハイキング
26(日) 大掃除

----------

先日の五月祭風景のアルバムをアップしました。リンクはこちら

文責:瀬良啓(広報部長)