2011年8月22日月曜日

石巻の現実

皆様こんにちは。主に毎月の予定をメインに記事を書いてきましたが、今回は僕も紹介記事を書いてみようと思います。

先月のことになるのですが、宮城県石巻市へと行ってきました。JR仙石線は未だに不通ですが、仙台から石巻へは高速バスが30分間隔(片道800円)で運行されていますので比較的容易にアクセスできることなどの理由から石巻を選ぶことにしました。

石巻駅のバス停に降り立った時の最初の感想は腐敗臭の酷さです。津波に限らず河川の氾濫等でも同じですが、一度でも床下以上の水に浸かると街は著しく不衛生になります。
場所によっては信号機が復旧していないため警察官(写真は千葉県警からの応援)による手信号による交通整理が実施されています。
様々な場所で瓦礫の中から仕分けられた思い出の品が置かれていて、持ち主との再会を待ち続けています。また雛人形やサッカーボールなどといった生活感のあるものが散乱しており、津波に襲われる瞬間まで日常の営為があったということを実感させます。
沿岸部の(秋刀魚を冷凍する)水産工場も津波による甚大な被害を受け、様々なものが押し流されています。また、冷凍されていた秋刀魚も流され全てが腐敗しました。現在ではほぼ全てが処分されましたが、今でも腐敗臭に満ちており多くのハエが飛びかっています。
主に石巻市街地のゴミの収集所です。手前の重機や奥の民家と大きさを比べると、圧倒的な瓦礫の量であることが分かります。道路の開通や捜索などのために、一時的に集めただけですので分別や最終的な処分方法などの予定は依然として決まっていません。
ボランティアや募金をすることも大切な事ですが、一人でも多くの人が立ち上がろうとする東北地方の現実を知り少し気に掛けるだけでも大きな復興の力になるのではないでしょうか。東北の文化を端的に紹介すると岩手県の詩人:宮沢賢治の「雨ニモ負ケズ」ではないでしょうか。我慢強さと取るに足る生活の美徳を表したものだと思いますが、福島原発をはじめとした人災的な被害に対して不満の声をあげることも必要であると思います。あくまでも私見ではありますが。





文:瀬良啓

2011年8月19日金曜日

コミケ C80

皆さん、こんにちは!東寮の留学生・1年(あくまでも世を忍ぶ仮の姿)二次元住人の早坂樹です。

今回は先日東京・有明のビッグサイトにて開催された「コミックマーケット」(略してコミケット、コミケ)について紹介させていただきたいと思います。コミケは世界最大規模の同人誌即売会で、あとサブカルに関わる企業や、各種ゲームを作っているメーカーとかの物販もあります。今回はちょうど80回目の開催となりましたので「C80」と呼ばれています。
ぼくが日本に来たのは去年の四月で、コミケ参戦歴は今回のC80で3回目になります。毎度のことながらコミケは本当にすごいと思います。参加者数は3日間合わせて50万人を超えるというギネスにも載れるようなレベルで、アニメを見て想像していたものよりもはるかにカオスでした。
和敬塾から有楽町線の護国寺駅まで徒歩8分という地の利を活かして有楽町線の始発で新木場まで直行、着いたら直ぐにりんかい線に乗り換えることが出来ます。大崎からの始発組よりも10分ほど早く国際展示場駅に着けますので、経験者ならわかると思いますが、この差は大きいです。(ルールとして徹夜行為は禁止されていますので、良い子はちゃんと始発で行ってください)あと夏は炎天下の中で4時間以上も待機させられますので、水分補充などはしっかりしないと必ず痛い目にあいます。
思えば初参加の時に(C78)初日せっかく始発で行ったのに道順もろくにわからなくて入場したらすぐ人ごみに飲み込まれて気づけばまったくわからないところまで来てしまいました。そしたらスタッフに何回も道を尋ねてようやく西4階の企業ブースに辿り着いてみれば物販列が何重にも折り曲がって階段の下まで続いているのを見たとたん卒倒しそうになりました。「なんなんだよこれ!物を売るってレベルじゃねーぞ!」と頭の中で思いながらも会場に入ればばきっとなにか買えると信じて列に並んでみましたが、2時間ぐらい経っても先頭が見えずあえなくギブアップしました。 

そんな悲惨な初コミケを経験したぼくですが、今回はちゃんとカタログを読み返して道順も覚えたのでほしい物はだいたいゲットしたわけでよしとします。それにしてもコミケには凄まじい魔力があるようです。普段1000円のものでも買うかどうか迷うのにコミケに行ったら樋口先生でも諭吉先生でもなんの惜しみもなく出してしまいます。これはなんかのオーラの影響なのか?…実に恐ろしいです。 
コミケはインドアなぼくにとってまさに試練とも言えますが、戦利品を部屋に飾るときに得られる満足感は言葉では形容しがたいものです。和敬塾は一人部屋なので普段生活する空間を自分色に染めましょう!

二次元住人のぼくたちにとって、コミケの三日間は三次元から切り離された奇跡であり、それぞれが持つ信念のため引き起こされた聖戦でもあります。さあ、ぼくと契約して、コミケに行ってよ!

文責:早坂樹

夏のお台場

こんにちは、東寮1年生の伊藤と申します。夏のお台場ということで、冒険王などを想像された人もいるかもしれませんが、まったく関係ないです。8月12~14日に行われたコミックマーケットに参加した時のことを書かせていただきます。


コミックマーケット(以下コミケ)とは、簡潔に申しますと毎年お盆付近と年末に東京ビッグサイトで開催される同人誌を配布・頒布・販売する世界最大規模のイベントです。


ではコミケの楽しみとは何でしょうか?1つにそこでしか手に入らないグッズを買うことが出来ることだと思います。コミケではプロでない方も本を出されるため、ネット上のデータでしか見ることの出来なかった作品を実際に手に入れることが出来ます。また、一人のファンとして作家さんと直接交流ができます。大好きな作家さんとお話ができるのは嬉しくてしょうがありません!
今回は初めてコスプレでの参加をしました。衣装を探して店から店を駆けずり回ったり、生まれて初めてのメイクはどうすればよいのかわからず前日は不安でした。けれども、当日は僕の写真を撮らせて欲しいと言って下さる方がいましてとても嬉しかったです。本当に楽しそうな顔をするコスプレイヤーの方に憧れて挑戦してみましたが、当日は暑さも忘れるぐらいの楽しさでテンションも上がりっぱなしでした(笑)
最近では表現の自由と規制、驚異的な参加者の増大による巨大化など様々な問題がコミケにはあります。実際に今回のコミケでも表現に対する息苦しさを感じました。しかし、無事に終われたのは参加者がルールを守り、スタッフの方が運営に尽力してくれた為です。このような方々に感謝しつつ、冬のコミケも存分に楽しみたいと思います。


文責 伊藤 晃一郎

2011年8月15日月曜日

モテ散歩

こんにちは、一年生の相浦です。昨日は『モテ散歩』という企画に参加させて頂きました。


 モテ散歩とはいったい!! 簡潔に申しますと、モテるデートプランを考え実戦してみる!というものです。


 今回のテーマは都電荒川線沿線でした。主に庚申塚駅近辺を探索しました。駅を降りますと、目の前に茶屋が見えます。この茶屋はすごい!何がすごいかと申しますと・・・


・氷の量が多い!
・氷がとても美味しい!
・そして雰囲気が落ち着いてデート向け!

この店をしっかりリード出来たらモテポイントupです!


庚申塚駅から巣鴨駅に向かったのですが、この街並みはとても優しい感じがしました。茶屋短い間隔に何軒もあり、道がわからなくなった時もとても丁寧に教えてくださりました。優しく接してくださる地域の方に優しく返答する。これは重要だと思います(笑)
モテるデートに巣鴨周辺はいかがでしょうか?
文責: 相浦圭史

2011年8月13日土曜日

自転車ひとり旅


こんにちは。和敬塾東寮1年生の松下と申します。このたび東京から自転車で実家の奈良に帰省し、京都観光に行ってきました。


私の乗っている自転車は、ロードバイクという舗装路での走行に適した高速自転車です。ドロップハンドルという特徴的な形のハンドルを、皆さんも1度は見たことがあるのではないでしょうか。ロードバイクの魅力は、疾走感です。自らの力がそのままペダルを経由して推進力へと伝わる感覚は、1度乗るとママチャリに2度と乗りたくなくなるほど爽快です。行動範囲も確実に広がります。ただ私も和敬塾に入るまで、ロードバイクのことを何も知りませんでした。自転車好きの先輩にロードバイク並びに自転車旅行の魅力を教えて頂き、ロードバイクを購入、普段の自転車通学に加えて今回自転車による帰省に挑戦することになった次第です。


初めての一人旅は、ワクワクすると同時にわからないことだらけでした。準備の段階から先輩に手取り足取り教えて頂き、やっとのことで実家へ向けて出発したのは、8月3日正午過ぎでした。しかしいきなり立ち込める黒い雲…30分も経たないうちに雨が降り出し、雨宿りを強いられる羽目になりました。幸先の悪いスタートになりながらも、なんとか初日は目標の小田原まで到着する事が出来ました。


2日目は小田原城に寄ったのち、1番の難所、箱根越えです。覚悟を決めて曲がりくねった山道を上ります。いつまでたっても上り坂。歩く方が速いくらいのスピードまで落ち込みつつも、昼時になるころにようやく芦ノ湖に到着しました。


3日目は浜松にて名物の鰻重を食べ、浜松城を見、日本三大砂丘の1つ中田島砂丘でまったりしました。

4日目、実家に帰ることを目標に早朝に岡崎を出発。この日この旅行で初めての晴れ間が広がり、爽やかな気分になったのも束の間、今度は灼熱の太陽が照りつけ、私に襲い掛かります。桑名・四日市にて適宜休憩を取りながら、夕方4時ごろこの日唯一の観光スポット、関に到着。関とは三重県亀山市にある東海道の宿場町で昔ながらの町並み・商店街が残っている場所です。私はこういう懐かしい町並みが大好きです。
そしてあとはひたすら進むだけ!実家を目指し猪突猛進…猿の出没するような田舎道を通りながら、伊賀上野を経由し、奈良を目指します。実家についたのは23時でした。


5日目は実家にて熟睡、旅の疲れを癒します。実家の前にて記念撮影。

そして6日目、待ちに待った京都観光!6時半に出発し、清水寺に9時ごろ到着。北野天満宮にてお弁当を食べ、竜安寺の石庭を鑑賞し、金閣寺の美しい眺めにため息をつきました。
次の目的地は源光庵です。源光庵には迷いの窓と悟りの窓という二つの特徴的な形をした窓があって、私はそこで自分と向き合うつもりでした。地図をよく確認することなく進むと坂道に。そして傾斜はきつくなるばかり、自転車を押して進むことを余儀なくされます。やっとくだりに入ったと思い下っていくと、山しか見えない。市街地はどこへ行った?源光庵はどこへ行った?しかも時刻は14時、気温は35℃。引き返してなんとか15時前に源光庵に到着。ほっ。
源光庵は少し郊外にあることもあって静かに眺める事が出来、お勧めです。しかもお寺の方がお茶を振舞ってくださいました。旅の最後の観光スポットは宇治!一度は行ってみたかった平等院。抹茶ソフトクリームは絶品です。

7日目、旅の名残を惜しみながら新幹線にて東京に戻って参りました。この旅行を通して、一人旅の楽しさと辛さを両方味わった気がしました。休憩時間に地図を広げて次にどこに行くか考えること。地元の人との一回きりの会話。時速30キロメートルで市街地や田舎を駆けること。現代日本にもこんなところがあるのかと思わせる懐かしさ漂う風景。無事目的地である実家に着いた時の達成感。一人旅をして初めて味わえる楽しさでした。

その反面、迷いそうになりましたり、雨に降られましたり、夜道でしたり、いろんな恐怖もありました。普段いかに便利で何もかもが行き届いている環境に住んでいるかが、身を以て実感できました。ただ、コンビニや道行く人に助けられながらも、無事にこの旅行を乗り切ることができたということで、一つ逞しくなれた気がします。


こんな自転車一人旅、皆さんもいかがですか?
文責:松下 翔

2011年8月5日金曜日

映画鑑賞

こんにちは、和敬塾東寮三年生の硯田庄太朗と申します。今まで色々な寮生が“外部”で活動してきたことの報告をしていたので、今回は僕が"内部”で活動していることについて書かせていただきたいと思います。その活動とはズバリ、『映画鑑賞』です。

映画鑑賞の魅力はなんといってもひとつの作品に色々な世界があることです。その世界とは監督など製作者達の意図に基づいた価値観のことです。一作品ごとにひとつの世界を知ることができ、観れば観るほど多様な世界と価値観に触れることができます。
分かりやすい例を出すとポール・ハギス監督による『クラッシュ』という作品ではロサンゼルスを舞台にアメリカの人種問題が題材とされており、そのことについて考えさせられます。他にもリドリー・スコット監督による『ブラックホーク・ダウン』では1993年に起きたソマリアへの米軍介入についてを描いており、世界の警察を気取るアメリカに対する是非が問われる内容となっています。また娯楽映画にも製作者の意図は含まれています。
ジョージ・A・ロメロ監督による『ゾンビ』は一見すれば単なるホラー映画ではありますが、「本当に怖いのはゾンビでなく人間ではないか?」といった内容や大量消費社会の象徴であるショッピングモールに群がるゾンビを我々現代人に見立てて暗喩していたりと奥が深いものとなってます。
このように映画を観ることで様々なものを得られることを分かっていただけたと思いますので、僕が皆さんにお勧めしたい作品をひとつだけ挙げようと思います。
それはクリント・イーストウッド監督が役者人生の集大成として撮った『グラン・トリノ』です。時代の波にのまれ置いて行かれた退役軍人の老人役を演じているイーストウッドが一人の若者と出会うことで己の人生にケジメのつけていく内容ですが、これはジェンダーやら草食系男子やら色々と言われ、現代という時代の波にのまれている若者たちに対して男とはどう生き、ケジメをつけるべきなのかを示していると見受けられます。何の予備知識なしで観ても十分楽しめる作品なのですが、過去のイーストウッド出演作(『ダーティ・ハリー』『許されざる者』等々)を観ていれば120倍くらい感慨深い作品になりますので是非とも過去作を観てから鑑賞していただきたいです。(できればマカロニウエスタン時代の作品から。)
いかがでしたでしょうか?この文章を読んだ方が「映画を観たい!」という気持ちになったのなら幸いです。他にも紹介したい作品がまだ3784本程あるのですがスペースの都合で書ききれませんでした。もし残りの3784本を知りたいという方は僕に連絡ください。メールアドレスはwhy_do……え?個人のメールアドレスをここに晒すなって?なんだかダメみたいですので直接僕の方までお願いします。では!!

文責:硯田庄太朗

---

映画のジャケット写真はAmazonよりリンクを飛ばして表示させていますが、権利者からの申し立てがあれば直ちに削除するものとします。

文:瀬良啓(広報部長)

2011年8月1日月曜日

八月に入りました

皆様こんにちは、いつも和敬塾東寮ブログにアクセスいただきありがとうございます。

今年度の前期から新たな取り組みとして継続してきた委員会テーマですが、八月は夏の長期休みに伴い多くの寮生が旅行や帰省などで塾外にいるため委員会テーマの設定はありません。


Picasaを使ってきましたが容量制限が1GBで手狭であるため、Facebookに東寮ページを新規に作成しました。写真の量も従来のアルバムに比べて圧倒的に増えましたので、是非ご覧ください。

新:東寮アルバムは、こちら!
(ブログ右側のFacebookからもリンクで飛べます)

ページやアルバムに対して[いいね!]を押していただけると、情報が拡散され多くの人の目に止まりやすくなります。新入生が減少傾向にある和敬塾の宣伝に大きな力になると思っております。今、ブログを読んでくださっている皆様でFacebookにアカウントをお持ちの方は、是非ご協力をお願いします。皆様のお力添えをお願いいたします。(アルバムの閲覧に関してはFacebookのアカウントは必要ありません)

また、寮生が新入生の獲得を目指す活動として、夏休みに帰省した際に各々の母校に和敬塾と東寮独自のチラシの配布を予定しております。

文責:瀬良啓(広報部長)

-----

【今月の誕生日】
8   中川原さん(3班)
13 吉村さん(5班)
14 小西(5班)
20 表さん(4班)
23 五十嵐(8班)
25 相浦(1班)

-----

8月は何も行事がありませんので、各個人にスポットを当てたブログ運営をしていきたいと思います。