2011年11月29日火曜日

一杯300円、セットで500円!!

こんにちは、広報部一年の山本です。
東寮ブログ、他の追随を許さない怒涛の更新中です!
それもそのはず、東寮には絶えずイベントが発生し続けているのですから。

今回、僕がブログを更新させていただいた理由・・・それは東寮が東大駒場祭に出店したからです!!


さてさて、皆さんは東寮が何を出店したのか気になっていることと思います。ズバリ、豆腐チゲです!!メッチャうまかったですよ!この豆腐チゲを語るのに欠かせない人物がいます。それは、豆腐チゲの聖地である韓国からの留学生、キム・ドヒュン、通称デーブです!!(左)


この駒場祭は完売という大盛況のうえに大成功をおさめました!
これは料理長デーブの手腕によるところも大きいのですが、手伝っていただいた呼子の皆さんのご協力に加え、準備に片づけに携わった東寮生の皆さんのご尽力の賜物です。つまり、皆さんのおかげです!!!!


無事に打ち上げも執り行われ、肌寒くなってきた今日には似合わない熱いイベントであったと思います。
皆さん、お疲れ様でした!!!


まだまだ、東寮の冬は熱いイベントがあるんです。
詳しくは、次回の更新をご覧ください。次もメッチャ熱いですよ!


文責山本玄人

2011年11月28日月曜日

本田カップ

本田カップ
こんにちは、広報部一年の武藤です。今このブログを読んでいるあなたのように、外が寒くて一歩も外に出ない人が増えてきていると思いますが、東寮は違います!本田カップという、学年対抗のサッカー試合で朝から盛り上がりました!
試合はトーナメント式で行われ、一回戦が一年生チーム対四年生チーム、二年生チーム対三年生チームでした。一回戦では四年生チームが一年生チームを華麗なるチームワークで破り、二年生チームが三年生チームを圧倒しました。そして決勝戦では四年生チームが試合の最後にゴールを決め、二年生チームを下しました。
サッカーでは四年生チームが勝ちましたが、気持ちはどの学年も負けていませんでした!



これからもこの寒い冬を激アツにしていくイベントが盛りだくさんなのでその記事にご期待ください。
それではみなさん、また次回で!

文責:武藤

待ちに待ったYou More企画第4弾!!

2011年11月3日――――世紀の大決戦「タイガーマスクvsキン肉マン」が行われました。

きっと誰もが子供のころ空想の中で戦わせたであろう夢の組み合わせ!!

しかも場所は言わずと知れた東京渋谷-スクランブル交差点

30分で通る人間の数は香川県の人口と同じ
多い時は一回の青信号で3000人が通ると言われています。

場所に不足はありません。

勝負は3ラウンド、時間は45秒。バトルは青信号の間行われました。

男なら短い時間で勝負を決めろ!!

赤信号の間人々はざわつく――なんだこの戦いは!!

写メを撮らずにはいられない人が続出

途中からブルーマンと謎の覆面男も参戦!!

タッグ戦になり勝負は乱戦模様に

果たして最後どうなってしまうのでしょうか!?ご自身の目でご確認ください。



僕も戦略部長としてセコンドで出演しました。

動画の再生回数は20日間で2000回を越えました。

次回作が気になってしょうがないそこのあなた!!

東京大学駒場祭でGlobal Argumentが行われます

5ヶ国語によるインターナショナルな口げんかに乞うご期待!!

文責 You More 戦略部長 松下 翔

2011年11月24日木曜日

早く起きた朝は?

こんにちは、広報部一年の山本です。
最近はめっきり寒くなりましたね。まさに、凍てつく寒さと言っても過言ではないと思います。そんな今日この頃、和敬塾東寮に早朝イベントが発生しました。
写真をご覧ください。



もう、何のイベントかおわかりですね。   え、わからないのですか!
では・・・この写真はどうでしょうか?

そう、そうです。清掃です!!
去る11月22日の朝7時より近隣清掃が南寮と合同で行われました。
日ごろご迷惑をおかけしている近隣住民の皆様へ感謝の意を込め精一杯清掃しました。

やはり、清掃をしますと心も体も近隣もキレイになるんです。
ですよね、近隣の皆さん!
今後とも和敬塾とよろしくお願いします!



文責 山本玄人

2011年11月18日金曜日

文化総務部企画「新!高尾山伝説」~首都大学東京桜都寮との交流~

201111月――
100人の大学生が高尾山に降り立った――
   「ミッション?何だそりゃ?」
「普通にハイキングすんじゃないの」
「ふん、下らん……」
一行は山を登り始める―――― 

「何だこりゃ……」
「あああっ畜生っ…!」
「なんてこったもう一時間か!」

新たな伝説は――――
希望か、それとも絶望か――――

あなたはまだ
本当の高尾山を知らない・・

『新!高尾山伝説』 


・・・・・はい!茶番はここまでっす!
皆さんこんにちは。
東寮で文化総務部長を務めております、二年生の田中晃仁です!

今回は11/13に文化総務部企画として、前回の慶応義塾大学日吉寮に引き続いて
首都大学東京桜都寮と高尾山へ合同ハイキングへ行きました!

企画の内容は
「文化総務部から繰り出されるミッションをクリアして、高尾山の新しい伝説を創りあげろ!」
桜都寮と和敬塾のメンバーがグループになってミッションに取り組みました!



写真はラストミッションの「全員の仲のよさを示す写真を撮れ!」のものです。
割と「伝説を作れ」とかいう半分無茶振りみたいな企画でしたが、各グループが個性的で面白い伝説を創り上げてくれました笑



桜都寮と和敬塾、両方の皆さんから「楽しかった!」という声が多く、田中は感無量ですっ・・!
またぜひぜひ桜都寮さんとは交流したいものです。

東寮は他の学生寮ともガンガン交流したいと思っているので、興味を持たれた方は是非連絡してくださいね!

ではでは東寮と桜都寮の皆さん、本当にお疲れ様でした!

文責 文化総務部長 田中晃仁

2011年11月17日木曜日

サッカー南寮戦!!!



チャンピオン。それは絶対無二の存在である。
チャンピオン。それは誇り高き戦士である。
チャンピオン。それはただ勝つことのみを歓びとしている。
チャンピオン。それは和敬塾東寮である。



・・・・・・・・はい、皆さんこんにちは!!東寮三年生の渡辺慎太朗です。1114日に行われた東寮対南寮のサッカーの試合について書かせて頂きます。





 この試合はただの試合ではありませんでした。体育祭サッカー優勝トロフィーという東寮の誇りを賭けた、まさしく死合でした。
 平日ということで人数がギリギリでしたが、表友貴キャプテンを中心として一丸となり、最強のチャレンジャーと戦いました。表先輩と僕が中心となってディフェンスをし、ボランチの柳瀬先輩を起点としオフェンスをしました。






 そして、なんやかんやで20で勝利をおさめることができました。こうして我々東寮の誇りは守られました。
 ただ他の東寮生もそうだと思いますが、僕はまだ満足はしていません。サッカー王国東寮の名に恥じないようこれからも勝ち続けたいと思います。それがチャンピオンの宿命でもあると思います。
 さあ、一緒にボールを蹴りましょう!!!



文責 東寮三年
   渡辺慎太朗

2011年11月14日月曜日

全寮LIVE!!

みなさん、こんにちは!日光を嫌がる地底人1年・早坂です。夏が過ぎ、最近秋とは思えないくらい寒くなりましたが、各大学の学園祭の開催に続き、和敬塾は大いに盛り上がっています。12月に映画化される某人気アニメ「けい○ん!」のように、バンドは学生の誰しも憧れるもので、今はもはや青春の代名詞となっています。

その中、1112日に、メトロ早稲田駅の近くにある「BLACK SHARK」というライブハウスにて全寮ライブが行われました!去年までの全寮ライブは東西南北の4寮でしたが、今年は乾寮も加わり、熱烈な雰囲気をより一層高めさせました。
最後の曲はあの「デ○モン」のオープニング「Butter-Fly」です!あの時代に生まれたぼくたちはこの曲で多くの思い出が蘇り、頭の中を駆け巡りました。そして、現場の雰囲気は最高潮に!

皮を脱ぎ捨て、音楽に対する情熱を見せてくれた東寮のミュージシャンたちは最高に輝いていました。そして、バンドを組んで大学生活を満喫したいあなたを歓迎しています!
 
それでは、また次回で会いましょう!

文責:早坂

2011年11月11日金曜日

留学生階廻り!

こんにちは、和敬塾東寮一年の武藤です。
様々な文化や背景をもった生徒達が住む和敬塾東寮では国際色豊かなイベントが盛りだくさんあります。
今回は国際部長の森東さんの留学生階廻りについてのコメントをご紹介いたします。


大家好、我叫森東宏紀!

おっと、失礼しました留学生との交流が多いものでつい外国語が出てしまいました。。。

改めまして、こんにちは!
和敬塾東寮二年、国際部長の森東宏紀です!

国際部は、和敬塾に留学生が増えたことをうけて新設された部です。日本語ができる留学生も、そうでない留学生もいます。留学生がよりスムーズに寮生と仲良くなれるよう、手助けをするのが主な活動です。
要するに、We are the world, we are the children ですね!

今回は私たち国際部が企画した、留学生階廻りについて紹介したいと思います。

現在東寮には韓国、中国、アメリカやマレーシアなど様々な寮生がいます。せっかくなのでお互い異文化を知ってもっと交流するきっかけを作ろう、という企画です。

国際色豊かなお菓子と日本の緑茶を肴に、1階から4階で様々な話に華を咲かせます。

留学生にスポットを当てた企画なので、新たな一面を見ることも・・・!?

まぁなんだかんだで東寮生が集まると自然に笑いのある企画になるものです。

記念撮影も、ハナ、トゥル、セッ!

それではみなさん、See you next time

文責:森東 宏紀


お忙しい中コメントを頂きありがとうございました。
次回は全寮ライブについての記事です!ご期待ください。

文責:武藤

2011年11月10日木曜日

騎馬戦インタビュー!

こんにちは、和敬塾東寮1年の坂本です。
皆さんお待たせいたしました!
今回は体育祭最後の競技、騎馬戦のキャプテンへのインタビューをご紹介いたします!
(騎馬戦キャプテン:4年生 山本 健太さん 4年生 楠 大彰さん)



―――――――――――――――――――――――――――――――

坂本:騎馬戦のキャプテンになられるきっかけはなんだったのでしょうか?

楠さん:前期委員長でなるっていうふうに決まってたんだけどね。当然なりたかったってのもあるし。 実際俺しかできないしね(笑)
山本さん:騎馬戦のキャプテンは前の年から委員長と決まってるんだけどいろいろあって
誰にしようかってなった時に、これからの騎馬戦は、今までの騎馬戦と違って攻撃と守備に分かれてぶつかり合うっていう時代ではなくなっていくだろうってのがあって。去年の西寮みたいなね。
そうなったら、結構考えなきゃいけないなってことになって、じゃあ考えるのならやまけんかなってなって(笑)

坂本:騎馬戦で印象に残ったシーンはございましたか?

楠さん:選抜するのが難しいけど一個上げるとしたら、どのシーンてわけじゃないんだけど
試合で敵の騎馬が何が何でもっていう死ぬ気で向かってきて俺を落としにくる、向こうも寮のプライドをかけて全力で戦いに来てるっていう気迫を感じて、なんていうか、騎馬戦だなぁって感じたね
山本さん:それはね、泣いたシーンがありまして、もう号泣
最後のラストで、対北戦で、最後に俺が死んで、楠と息吹の2騎だけになって、北寮の大将にたどり着いたシーンかな
もう周りにめっちゃ両腕つかまれて、体は前のめりになっても、目だけは大将を見てるってのが、俺は熱くなったね
もう、終わった後の飲みではそのことしか喋ってない(笑)

坂本:騎馬戦にはどのような意気込みでのぞまれたのでしょうか?

楠さん:みんなには何回も伝えてきたけど、日常で毎日みんなと価値観とか共有しつつ、一緒に暮らしてるやつのつながりを強く意識して、東寮って言う存在を誇りに思って、東寮で生活していることに改めて意義を感じれるような思いをみんなが抱けるようにしたいっていうのが意気込みかな
山本さん:もちろん当然全勝優勝ってのはあるんだけど
俺個人でいうと騎手ってのをやったことがなくて少なくとも普通は作戦考えるような大将的な立場ならもう一年経験するのがベストなんだけどね
その分、前騎馬とかはやったからその経験を生かして、練習する時間を増やしてがんばっていこうって感じかな


坂本:来年の体育祭を頑張る後輩に何か伝えたいことはございますか?

楠さん:今年結局2敗してしまって結果的に東寮の誇りの証明をすることはできなかった。
その悔しさを忘れずに、来年にしっかりとその悔しさを引き継いで
いつの日か、団結力だったり自分たちを誇りに思う気持ちにおいて最強だということを証明してほしいね。
山本さん:今年の雪辱を晴らす。それに尽きるね
それしかいえないよねもう俺らノータッチだから。
まあ、今年の体育祭全体に関して言えば、俺ら4年生は楽しみつつ、勝ちをとりにいこうって言ってたから全体の流れは成功したんじゃないかなって思ってて。
だからいいところは残しつつ、もちろん反省する所はあるから、息吹と慎太郎を筆頭に頑張って下さい!

坂本:最後に何か一言お願いします

楠さん:大将やってみて改めて思いましたが、後輩、同輩、OBの方、自分をはじめ、寮生の親御さん、事務所の人、様々な人に本当に感謝の意を表します。
そして東寮は永遠に不滅です!
山本さん このインタビューのためにたすく君に朝早く起こされました(笑)


――――――――――――――――――――――――――――――

お忙しい中、インタビューのために時間を割いて頂き本当にありがとうございました。

文責:坂本