2014年2月21日金曜日

一年間を振り返って


こんにちは。一年の梁川です。
最近和敬塾の周りでは、積もっていた雪も徐々に溶け出し、かすかに春の兆しが見え始めました。
僕の広報部としての活動も残り少なくなり、おそらくブログを書くのはこれが最後になると思います。
そこで今回は、誠に僭越ではありますが、上京して大学生になってからの一年間と和敬塾での生活を振り返りたいと思います。



去年の324日に僕は上京しました。親元を離れ、不安と不安より少し大きな期待を胸に大学生活を迎えました。
上京したその日に和敬塾に入塾しました。入塾初日より、不安や親元を離れた寂しさを感じる暇もないくらい新鮮で刺激的な日々が始まりました。
僕は中学校から剣道をしていて、大学では体育会剣道部に所属しています。また、学部は理工学部に所属しており、授業の予習や課題に追われる日々を過ごしてきました。
前期は学業と部活と寮生活のバランスを上手くとれず、結果的に寮生活に対して割く時間と意識が少なくなってしまい、寮生活をあまり楽しむことができませんでした。



後期の初めには体育祭があります。度々このブログでも取り上げてきましたが、寮生全員が一丸となって様々な種目に取り組み、騎馬戦では全員の誇り、すなわち漢気をかけて戦います。この体育祭を通して僕は少しずつ東寮に馴染むことができたと思います。
体育祭の後は生活のリズムを少しずつつかんでいくことができました。そしてそれにより、毎日がより充実したものになっていったと思います。





そろそろ上京して一年が経ち、和敬塾に入塾してからも一年が経ちます。この一年間を振り返ってみると、僕は和敬塾東寮に入って良かったと思います。良かったと思う理由は二つあります。一つ目はとても楽しかったからです。楽しくないことや辛いこともありましたが、そのようなことも後から見ると自分自身の糧になっていると思いますし、色んなことを全部含めて本当に一年間楽しかったと思えるからです。また、日頃からたわいもないことで笑い合える同輩や先輩がいることは何よりも代え難い財産だと思います。



二つ目は、多くの人と出会い、深い関係を築くことができ、その人たちの価値観に触れることができたからです。演劇をされている先輩の公演を見に行ったり、DJをされている先輩に誘われハロウィンに六本木のクラブに行ったり、医学部の先輩に誘われ有名なお医者さんの話を聞きにいったりと、この一年間で自分の知らなかった世界に飛び込むことができ、知らないことに目を向けることの大切さを学ぶことができました。このようにお互いに様々なことを伝え合い、吸収し、そして新たなことを発見できることは本当にすばらしいことだと思います。僕も自分のことをもっと発信して東寮に還元していきたいと思います。



次の四月からは2年生になります。寮でも部活でも後輩が入ってきます。後輩に負けないよう、後輩のいいお手本になれるよう、より一層頑張っていきたいと思います。



最後になりましたが、これまで僕の拙い文章を読んでいただきありがとうございました。入塾前から好きだったこのブログを書くことができて嬉しかったです。これからもこのブログと和敬塾東寮をどうぞよろしくお願い致します。








文責 梁川遼宥





2014年2月15日土曜日

委員会!?


こんにちは。

1年の松本です。

またまた東寮を紹介させていただきます。本日は委員会について紹介させていただきます。

ということで平成25年度後期委員長の相浦圭史さんと同じく副委員長の松下翔さんにインタビューしてみました。

ですが、その前に委員会について簡単に説明させていただきます。和敬塾東寮は自治寮でその運営に責任を持つのが委員会という組織です。


松本「では、インタビューさせていただきます。よろしくお願いします。」




相浦さん、松下さん「よろしくー。」


松本 「早速ですが、まず委員会とは何か先輩方の考えるものを教えていただけませんか?」


相浦さん「サークルとかだと同じ目的を持った人同士だからまとまりやすいんだけど、和敬塾はそれぞれ住んでいる理由や目的も違うし、いろんな考えの人がいて簡単にはまとまらないからね。そこに一体感をもたらすのが委員会かな。」


松本「なるほど、東寮を組織としてまとめあげ、そこに色を付けるというのが委員会の仕事なのですね。

では、次の質問ですが委員会をされたきっかけを教えていただけませんか?」


相浦さん「委員会をやったきっかけね。俺はまず東寮に対する恩返しかな。俺は東寮でいろんな人と出会っていろんなことを吸収して成長できて本当に良かったと思ってるし、いろんな人と深い関係を築かせてくれた東寮が好きでそのことへの恩返しかな。だから、たくさんの寮生に深い人間関係を築いて欲しいし、もっとここの良さを知ってもらいたいからそのために委員長をやってみようってなったな。」


松本「なるほど、恩返しですね。相浦さんは東寮のことが本当にお好きなのですね。松下さんはどうして委員会をされたのですか?」


松下さん「俺も相浦と同じで和敬塾東寮に入って、絶対に出会えなかったであろう人や魅力的な人と出会えて自身の価値観を広げることができて、自分ですごい良かったと思ってるから多くの寮生にそれを知ってもらいたかったのが一つ目の理由かな。で、もう一つの理由なんだけど、東寮には外部活動に積極的でなかなか和敬塾内で活動ができないって人がいて、俺も大学の勉強とかすごい忙しかったんだけど、そんな忙しい人でも和敬塾で委員会をできるってことを証明したかったんだよね。それが、もう一つの理由かな。」


松本「松下さんは学部も医学部ですし、非常にお忙しいですよね。そういった人でも委員会ができると証明したかったのですね。

では、最後の質問に移らせていただきます。来年の1年生に向けて一言メッセージをお願いします。」


相浦さん「大学生ってのは多くの可能性が広がっている。東寮ではそれぞれの考えを持った人と多く関われるからさらに多くの可能性に満ちている。新しい発見、出会いがあり、深い関係が築けるんだ、東寮では。だから、是非東寮に入ってもらいたい。」


松下さん「こんなに本音を言い合える関係が築けるのは和敬塾東寮でしかできない。また、お互いを認め合えたり、こんなに深く人を知ることができるのも東寮ならではだね。だから、ここの人たちはお互いの壁があまりないし、心を開き合うことができる。それにフリーハグ企画みたいな普通の人じゃなかなかできないことができるのも東寮の魅力だね。こんな魅力を東寮に入って感じて欲しいな。」


松本「お二人とも、本日は多くのお言葉ありがとうございました。」


さて、みなさん委員会についてわかっていただけたでしょうか?これからもどんどん東寮の宣伝は続きます。お楽しみに!!!

2014年2月8日土曜日

和敬的就職活動!!

こんにちは!広報部1年の野澤です。
この時期は3年生にとって、就職活動で大変忙しくなりますね。
 東寮でも先輩方が毎日スーツ姿で忙しそうに出掛けられるのをよく見るようになりました。
そんな和敬塾の就活生がより良い就職活動を行えるよう組織されたのが、和敬塾就活部です。
今回はこの就活部を代表して、3年生の宮本大輝先輩にお話を伺うことができました。

 

…よろしくおねがいします。

「よろしく!!」

では早速ですが、ズバリ就活部とは具体的にどのような組織ですか?」

「就活部が発足したのは、今の4年生が就職活動をしていたとき。和敬塾という存在を世に知らしめる手段の一つとして就活も利用し、和敬塾を盛り上げて行こうと思ったのが発足に至った理由やな。『あの企業に内定決まったあの人も和敬塾出身なん?和敬塾ってすごない?』みたいな。
就活生が参加できる企業説明会とかを企画するのが、今までの主な活動やな。この組織は東寮だけのものではなくて、いつも和敬塾全寮の就活生の約半分ぐらいが参加してるやろうな。これからは、いよいよ就職活動が本格的になってくるから説明会よりも就活生同士の情報交換のような活動がメインになってくると思うで。」

 

説明会は主に和敬塾OBの方々に協力していただいてるのですか?

「そう!各寮のOBの方々とコンタクトをとって、直接説明会をしに来ていただいたり、勤め先の人事の方に説明会を頼んだりしてもらってる。こんな風にOBの先輩方との繋がりが強いのも和敬塾の特徴やんな!」

今までどのような企業の方に来ていただいてるのですか?

「都市銀行、証券会社、エネルギー業界、小売業界、卸売業界、繊維業界などの名だたる企業の方々に来ていただいているで。各業界で活躍されているOBの方々が何人もいらしっしゃるからこそ、俺たち就活部はこれほど有意義な活動ができる。これは歴史のある和敬塾ならではやんな!」

 

就職活動において、宮本さんは何が大事だと思いますか?

「やっぱり就職活動って情報戦なところってあると思うねん。就職活動してると情報がメチャクチャ入ってくるねん。そやからそれに振り回されたり、混乱する人もいるわけ。でも、もちろん大事な情報でもある。だから、流されずに流されるっていうんかな?困惑せずに、しっかり情報を取捨選択して、その情報に従うってのが大事やと思う。こういうのって大勢で協力してやった方が絶対いいやろ?これができるってのが和敬塾のメリットやんな。」

では、まだ就職活動を迎えていない私たちは今どのようなことが必要だと思いますか?後輩や大学入試を終えた新入生に向けて、アドバイスなどあればお願いします。

「就職活動に関して特別何かする必要は、まだないと思う。でも何個でもいいから目標を立てて、意識的に生活することは絶対必要やな。ただ流されて生活してたら、いざ就活ってなって自分を振り返った時に、武器となる個性が何も残らへん。そやから毎日をなあなあにしないで、目標にむけて全力で過ごして自分自身を充実させることが一番大事やと思うで。
その点で和敬塾はやっぱり、就活において最高の環境なんやんな。ここには全力になれるものがいくらでもある。それだけで、スタートの時点から他の学生よりもリードできるで。」

なるほど!

宮本さん、今日はお忙しい中、ありがとうございました。
 

いかがだったでしょうか。就活部がどのような組織か知っていただけたでしょうか。
ここまで協力な就活部という組織がある寮は、おそらく和敬塾だけであり、和敬塾以外で組織するのは不可能でしょう。

大学入試の合否も続々と発表され、合格を決め、すでに次の目標として、就職を考え始めた意識の高い新入生もいると思います。そんな方にとって、都内に就職に強い寮があるというのは、かなり朗報なのではないでしょうか?

どの学生寮で大学生活を送ろうか悩んでいるそこのあなた!私たちは全力でこの和敬塾を推薦したいと思います!!
和敬塾で周りとは一味違う、充実した大学生活を一緒に送りましょう!



文責 野澤文哉