2014年11月28日金曜日

全寮ライブ!!

皆さん、こんにちは!はじめまして!
今期より広報部になりました加藤です。
11月も下旬となり気温もだいぶ下がってきて、秋も終わりが近づいてきていますね。毎年この時期には各大学の学園祭シーズンということで大学生の盛り上がりが最高潮に達する時期であると言っても過言ではないくらいだと思います。さて、皆さんは学園祭といえば何を想像しますか?ライブ、live、らいぶ……

そうです!ライブです!
今年もやりました!全寮ライブ!!!!


今年は例年とは違い、本館の大講堂で行われました!


今年は初めて楽器を演奏する人も多く、1年生の丸山君、宮原君、2年生の野澤君、新たな挑戦となりました。ライブに向けて一生懸命努力した結果、3人とも
最高のパフォーマンスができてたのではないかと思います!!


そして、な、な、な、なんと!!スペシャルゲストとして東寮のOBの先輩である森東さんに参加して頂きました!


忙しい中で時間を作って頂き本当にありがとうございました。 あの素晴らしい演奏は僕たち後輩の目と耳に焼き付いています…

今年も全寮ライブは大いに盛り上がりをみせたと思います!
今年の行事もあと数少ないですが、このまま突っ走っていきましょう!

次回の更新をお楽しみに!





文責 加藤雄大







2014年11月22日土曜日

東寮班紹介 vol 2


みなさんこんにちは、1年の宮原です!!

皆さんクリスマスが近づいてきておりますが、
どのようにお過ごしになりますでしょうか?
僕はですね、、、、、、、

予定ないなのでバイトでーす!!三└(┐卍^o^)卍ドゥルルル

さて、11月11日の梁川さんの投稿に引き続き班を紹介したいと思います。

今回は僕の所属する6班です!!!!



こちらの写真を見ていただいて何が伝わるでしょうか??

それは、、、、、
一体感、一体感、いったいかーーーーんなのですっ!!!!

そして、6班の特徴は、、、、、、、、

絡み、絡み、絡みなのでーーーーーすっ!!!!!

                      

6班は班での絡みというものをとても重要視しており、
それぞれの予定を合わせて
みんなでお出かけしたり、
班企画を行って和敬LIFEをENJOYしています!!


僕は、今までディズニーランド・シーのどちらにも行ったことがなかったのですが、
先日、6班プチ旅行でディズニーシーに行き、
夢の国を堪能してきました!!


2月には、スキー・スノボー旅行もあるので、
たくさんの思い出を作りたいです!!
(スノボーしたことないので、少しビビってます、、、笑)


6班の班テーマは「LIBE6PPAN」です!
このテーマは、バレーボールのリベロと6班をかけており、
トークやボケをリベロのように拾いまくるという絡みの促進を
目標に掲げたテーマとなっています!!


このテーマに負けないような絡みを6班廊下で繰り広げて、
一生涯付き合える人間関係を築いていきたいです!!


次回は全寮ライブです!!お楽しみに!!

文責 宮原穂高

2014年11月15日土曜日

東寮のグルメ!!!

こんにちは。1年生の宮崎です。


前回から和敬塾東寮を紹介しています!
今回は何が来るのでしょうか?

皆さんは、1日何をして生活していますか?
僕が高校生だったころは、勉強して、部活して、帰って、寝て、何よりたくさん食べ物を食べていました。食べることは、勉強することにも、部活をすることにも重要です!
なので今回は東寮生の行動の源となっている食について紹介したいとおもっています!

まずは朝食です。
朝食はほとんどの寮生が食堂を利用しています。
朝食には、ご飯の日とパンの日があり、それぞれの日のテンションが違うのはここだけの秘密です!

次は昼食です。
昼食はお金を払えば、食堂で食べることが出来ます。
しかし、東寮生はほとんどそれをしません。
なぜなら、近くに某お弁当チェーン店にも劣らないお弁当屋さんがあるからです!
一つ目はかかしです。
弁当や丼、惣菜を取り扱っているお店です。
僕がお勧めするのはM3T(メンチカツ明太マヨ弁当特盛)です!
明太マヨを追加するとお弁当がすごくなります。
例えばかきとじ丼。このトッピングをすることによって、ただでさえおいしいかきとじ丼の魅力を大きくひきたてます!



二つ目は、わせだの弁当屋さんです。
300円前後という値段でとてもボリューミーなお弁当を提供してくれます。
お勧めは、茄子とから揚げがのった茄子から弁当です!

三つめはお肉屋さんのお弁当です。
意外とは思いますが、お肉屋さんがお弁当を出しています!
お肉屋さんなので、肉系の弁当がおいしいです。
それと、東寮とコラボした東寮弁当というとてもボリューミーな弁当もあります。

他にもありますが、これが主な御三家です!

次は夕食です
夕食にはお肉の日と魚の日があります。
このときも日によってテンションが変わります。

夕食が最後と思った人もいると思いますが、和敬塾には夜食という文化が存在します。
ということで、最後に夜食についてを紹介したいと思います!
夜食は毎日するわけではありません。
たまに後輩が先輩を誘って夜食に連れて行ってもらいます!
ここにもまた主な御三家が存在します。
一つ目は東京麺珍亭です。
油そばのお店です。僕が東京に来て初めて連れて行ってもらった油そばのお店です。
麺の量が5段階存在し、一番上の鬼盛りは東京に来てびっくりしたことの一つでした。
鬼盛りとは、麺が四玉入っている油そばで、軽はずみな気持ちでたのむと後悔をすることになります。きちんとした心構えで挑んでみてください!

二つ目は懐旨新味かつの花です。
この辺りでは珍しい個人経営のお店で、主に油そばや、つけ麺を出しています。
特徴は何といってもカツがのっていることです!
三つ目はうだつ食堂です。
徳島中華そばのお店です。甘辛く味付けされた豚肉とコクのある濃い目のスープがお勧めです。
あと、ご飯がおかわり無料なことも忘れてはいけません!

他にもあるのですが、きりがないのでこれぐらいにさせてもらいます!

興味があれば是非和敬に来た時に寄ってみてください!

文責 宮崎太地





2014年11月11日火曜日

東寮班紹介!vol.1

みなさんこんにちは。2年生の梁川です。
最近テレビを見なさすぎていろいろと遅れていることに危機感を覚えています。
この間女の子にディズニーに行ったことが無いといったらガチでびっくりされました。

さて、今回は東寮のなかでとーっても大切な存在である、「班」を紹介したいと思います。

          騎馬戦後OBの先輩方と撮影した班の集合写真

東寮には1班から8班まで班があります。
そもそも「班」とは、『特別な想いを伝え、受け止める場』と定義されています。
東寮は全員が全員とよく絡み、一生涯の関係を作ることができる場ですが、班ではさらに深いつながりを作ることができます。
朝食や夕食に班で行ったり、東寮の大きな特徴である廊下で班員同士で日常的に絡み、ある時は自分の考えや悩みをぶつけ合ったりします。
言ってしまえば班は一つの家族のようなものですね。
自分自身が重なっていなくても同班であれば現在大学を卒業されているOBの方とも接する機会が多いのも一つの特徴です。

                          一班の廊下には歴代の先輩方の写真を貼っています 

僕は一階の一班で生活しています。
各班様々なカラーがあり、本当にどの班も魅力的な部分を持っています。

一班の班テーマは『想いやりParty People』です。


班テーマはとは班の方向性やカラーを定めたものです。
一班は僕が入寮した時から元気に溢れ、班員を想いやる気持ちがとても強い班です。
『想いやりParty People』とは全員が全員を想いやり、全員で楽しむ班という意味が込められています。
僕は一年生のとき部活と学業で忙しく、なかなか班に関わる機会も少なかったのですが、それでも暖かく接して下さり、班としての愛情を直に感じてきました。
来年は三年生となるので、一班に入ってくる一年生には自分が受けたように、想いやりを持って接していきたいです。


12月の中旬に予餞会があり、冬休みが過ぎると四年生の方が引っ越しされるまであっという間なので、今のうちに思いっきり絡みたいです。

もしこの記事を読んでいて和敬塾に興味のある高校生の方は是非一度東寮に体験入寮に来てもらい、「班」を直に感じてほしいですね!
次回は東寮のグルメ事情についてです。
お楽しみに!

文責 梁川遼宥






2014年11月7日金曜日

HAPPY HALLOWEEN !!

こんにちは。広報部1年の岩田です。

突然ですが、みなさん秋といえば何の季節ですか?
食欲の秋?読書の秋?スポーツの秋?いいえ、違います!
ハロウィンの季節です!
ということで今回は先日、密かに開催されていました1班ハロウィンの記事を書かせていただきます!


最初にハロウィンと言えば仮装してお菓子を配りまわる行事を想像されるかもしれませんが、1班のハロウィンは一味も二味も違います!その最大の違いが”お菓子を自ら手に入れる”ことです!
しかし、お菓子を手に入れるにはある試練を乗り越えなければいけません...

そこで話は少し変わりますが、みなさんは和敬塾に地下通路があるのはご存知ですよね?そこはあることないこと様々な噂や憶測が飛び交っているわけですが。実はあるんですよ、1班にも地下通路が!

そんなワケで今年も1班の総力をかけて数々の仕掛けを凝らした地下通路にたくさんのゲストをお招きして、お菓子を取りにいってもらいました。
ちなみに少しぼやけていますが中の様子はこちら↓↓↓

 
*中は真っ暗です。
ルールはとても簡単で片手に小さなライトをもちつつ、一人で通路最深部においてあるお菓子を持って帰ってもらうだけです。僕も仕掛け人のために事前に地下に入りましたが、正直体験してみないと分からないほどに恐ろしく怖いです...


工夫をこらした甲斐もあってたくさん人が怖がりながらも、楽しんでもらえたと思います!僕も驚かす側としてやらせていただいてとても楽しかったです!
来年もさらにパワーアップした1班ハロウィンをみなさんにお届けできたらと思います。

文責 岩田学矩