2016年12月25日日曜日

予餞会!


こんにちは!サークルの一環で大阪へ行った帰りにインフルエンザを発症し、命からがら帰ってきた広報部1年の飛高です。インフルエンザ、ノロウイルス流行っています。皆さん、手洗いを徹底してください。



さて、今回は和敬塾の大イベント、予餞会についてお伝えします!予餞会とは、4年生の卒塾式にあたり、1日がかりで行われます。僕にとって初めての予餞会は内容の濃い、充実した1日となりました。


午前中は式典が行われました。卒塾される4年生やこの日の為に駆けつけてくださったOBの方々のお話の他、みずほ銀行頭取、林信秀氏にもご講演いただきました。林氏は長く海外勤務をされ、その後頭取に就任された方で、世界の金融のお話は社会人となる4年生だけでなく、僕たち下級生にとっても勉強となりました。商学部の僕としても将来を考えるきっかけになりました。ご貴重なお話をありがとうございました!




お昼は食堂で立食パーティーが開かれました。全寮が集まり、東寮以外の方ともお話する良い機会でした。楽しくおいしく料理をいただきました。




午後は僕が一番楽しみにしていた四年生劇が行われました!東寮の4年生の劇には漫才や一芸などが盛り込まれ、大講堂が笑いに包まれました!いつもと違った4年生の姿はパワフルでかっこよかったです。笑いと熱意、そして感動が詰め込まれた劇はまさに東寮の姿を反映していたと思います。楽しい時間を僕たち後輩に作ってくださりありがとうございました!




そして夜は打ち上げです。ここでは3年生以下後輩が各班劇を披露します。お世話になった4年生に感謝を込め、贈る劇です。どの班も準備を重ね、個性のある面白い劇となりました!

最後に4年生から後輩へメッセージが送られ、締めとなりました。4年生の方々の言葉を胸に僕たち後輩はこれからの東寮を作っていきます!




予餞会は4年生に感謝を伝え、そして4年生からパワーをもらった1日でした。今まで東寮を引っ張ってくださった4年生は卒塾されてしまいます。4年生と過ごした日々を想うと、温かい優しさに包まれたものだったことに気付かされます。これからは4年生のいない東寮を僕たちが温かくしていかなければなりません。楽しかった思い出を胸に僕たちは前へ進みます。4年生の皆さん、ありがとうございました!これからも東寮に遊びに来てください!

文責 飛高 将輝